| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬に向けて

20101019_1  20101019_2


だいぶ前に書いた風鈴を手に入れてお店の入り口のところにつけています。
音も涼しく、形も良い感じ。
ある事が当り前になってしまい、はずすと言う行為をしなかった。

やっとこさ、風鈴をはずした。
季節が変わりだし、寒くなってきたので
はずさなと思っていたのですが
なかなか、出不精の僕は気に入っている事もあり、動かなかった。

さすがとうとう観念して、本格的に寒くなる前に外す事に。
一度つけてしまうと、何もないのが気になってしまっている。
風鈴をつけるまでは、何もなかったのだけど‥‥。

まあ、モビールでも作ってつけようかなあと思案中。
行動がゆっくりなので、いつになる事やら(笑)
スポンサーサイト

| interior | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

In-House社 laminate wallclock

20100703_2

時計は壁掛けが好きである。
壁に凛と構えていて欲しい。
そして、見守っていて欲しいと思っている。

インハウス社製の壁掛け時計。

僕がサラリーマンの時ぐらいだと思う。
当時、インテリアショップ巡りをしていたら、とあるショップで出会った。
一目惚れである。
なんとも言えなかった。

たぶん、当時から僕は変わらないデザインというのに惹かれていたような気がする。
そして、そこにオリジナリティがあることにも。

inhouse社の商品にも色々とあるが、このタイプが一番好みである。
控えめで上品な文字、
凛とした針、
全体をまとめる文字盤の白、
包み込むような木枠。

これからずっと、この時計とは付き合いつづけるだろう。

20100703_1


InHouse社はイギリス、バーミンガムに1986年に設立された木製時計のメーカー。
創業約25年の歴史と、ヨーロッパのメーカーとしては新しい会社ですが、
創業以来全くデザインを変えず、木の美しさと木目の鮮やかさを追求し、
一つ一つ丁寧な手仕事で製品を作っているみたいです。

InHouse社
http://www.inhouseclocks.co.uk

| interior | 00:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

釜定さんの鳥のオーナメント

20100621_b4

明治時代から続く盛岡の鋳物屋 釜定3代目宮伸穂さんデザインのオーナメント。

相棒からもらったモノの1つ。
僕が気に入りすぎてしまったのを、見かねてあげるということになったものである。

仕事場のデスク前にちょこんと置いている。
疲れた時や悩んだ時に、ちらっと見てしまう。
なんとも言えない癒しとキリっとした気持ちを与えてくれる。

宮さんのデザインは本当にすごいと思う。
工芸的な美しさ、
道具としての美しさ、
素材感。

鉄器とタモの木のバランスが、どこか納得できない。
そのうち、チェリーかウォールナットで台座は作ろうと思う。

ちなみに、他にも狙っているのがある。
宮伸穂さんデザインのbowlである。

20100621_b3

| interior | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。