| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

the devil's double

【the devil's double】


【ストーリー】
家族思いの青年ラティフ(ドミニク・クーパー)は、ある日サダム・フセイン大統領の息子ウダイ(ドミニク・クーパー)に呼び出され、影武者になるよう命じられる。同級生だった高校時代から2人は似ていると評判で、一度は断るラティフだったが、家族の命と引き換えに強制的に影武者を引き受けることに。理不尽な運命に必死で耐えるラティフは、いつしかウダイの情婦サラブ(リュディヴィーヌ・サニエ)と心を通わせていく。



【スタッフ】
監督: リー・タマホリ
原作: ラティフ・ヤヒア
脚本: マイケル・トーマス

【キャスト】
ドミニク・クーパー
リュディヴィーヌ・サニエ 他

(C) Filmfinance VI 2011 - All Rights Reserved
[シネマトゥデイより引用]





この映画を見ました。
見た後に、ウダイの事をネットで調べて見ました。
実際には映画で描かれていること以上のことがあったらしいです。
日本でいる僕には、想像もつかない世界。
心が痛みます。


映画としてはオススメします。
一人二役のドミニク・クーパーの演技が素晴らしいです。
表情で見分けれるのです。

作品自体は内容が内容なので、観ていて辛いです。
楽しい話でも無ければ、暗闇の先には光が有る様な作品ではありません。
でも、映画としてはオススメします。

グロイシーンが苦手な方は遠慮した方が良いです。


★★★★☆
スポンサーサイト

| TV ・ movie | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NTTdocomoの素敵なCM


docomoのTOUCH WOOD SH-08Cのプロモーションムービー。


海外の動画サイトで話題になっていたようですね。
ピタゴラスイッチ的で秀逸です。


| TV ・ movie | 10:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Temple Grandin

Temple Grandinは自閉症啓蒙活動と、
家畜の権利保護について世界的な影響力のある学者の一人であり、
アメリカとカナダの肉牛の半数はグランディンが設計した施設で処理されている。

そんな彼女の半生を描いたアメリカのテレビ映画『Temple Grandin(原題)』
(主演クレア・デインズ)(2010年HBO)は絶賛され、
第62回エミー賞テレビ映画部門で、作品賞や主演女優賞など多くの賞を獲得した。

diary20110404f


すごく面白かった!
本当に素晴らしい映画です。


自閉症がまだあまり認知されていない時期。
母親の愛情が足りないからだと医者に言われながらも
注げるだけの愛情でテンプルを育ててきた彼女の母親。
明らかに”普通”の子とは違う。
でも、彼女にはそれを超える何かがある。
どうやって自閉症の脳が働くのか、彼女たちが見ている世界はどんなものなのか、
ビジュアルとともに時には面白おかしく描かれていて、あっという間の108分だった。


Temple Grandinが映画の中で話したことでとてもこころに残ったことは、
「Different. Not less(人と違うだけ。劣ってるのではない)」と繰り返し言う事。
そして、教授から教えてもらった人生に一杯一杯新しいドアがあり、
それを勇気を出して開けてくぐり抜けると新しい道があるということ。
自動ドアがどうしても怖くて通れない彼女を助けてくれた人との出会いが
彼女の人生を大きく変えるというエピソードもあり、
この人生とドアという比喩的なテーマ、教えてくれるものがあります。
どんな困難でも、どれだけ笑われても、自分の信じる道を歩んできた彼女。
本当に先ずは見てください。(笑)



日本では未公開です。
ご興味がある方は、FC2動画にupされているので、
temple grandinで検索してください。
無料で見れます。


| TV ・ movie | 15:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Chuck

chuck

ほとんどTVを見ない僕だが、アメドラだけは時間を作っては見ている。
今、はまっているのが「Chuck」。

ある日突然、国家機密を脳にダウンロードしてしまい、嫌々ながらも007ばりの非日常を体験していく。(007のパロディみたいなもんです。)
アクションも派手でテレビの割に頑張っているし、起こる事件も毎回それなりに複雑。
しかし本作の醍醐味(だいごみ)は、超美女のCIAサラ&マッチョなNSAケイシーを相手に
チャック&親友モーガンが繰り広げるトホホなドタバタにアリ。
懐かしの『探偵レミントン・スティール』あたりにも通じる80年代的楽観ムードも
心地よい脱力系スパイ・コメディーです!


今日現在でS3の13話まで見ました。
ホンマにはまってます。
時間があるときには、何回もみてまいます。。


偶然見つけたNG集

| TV ・ movie | 15:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。