2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

料理人たちの饗宴

料理人たちの饗宴―西洋料理のルーツをさぐる
桜沢琢海
料理人たちの饗宴


今、読んでいる本です。
仕事がらか、単純なんだけど、一つ一つ奥深く探っていくものが好きなようである。
小難しい話は、苦手かもしれないと、最近ふと思ってしまった。
読書にしても、TV番組にしても…。

この本は食べ物の起源に興味がある方には、お勧めな本である。
日本でも親しみのある洋食、洋菓子、西洋料理に関する事を、
歴史上の人物と絡めて、エピソード30話を物語風に紹介している。

例えば、
カルパッチョはルネッサンス期の画家だが、なぜその名が付いた料理があるのか?


言葉遣いがあまり綺麗でないのと、
文章を書くのが苦手な僕としては、
このような短編でまとめて書いて、
解かりやすく、綺麗に言葉を使っているのは、ためになる。

食べ物も何でもそうだけど、
そのモノのルーツを、しっかりと見ると見方が変わってすごく面白い。
単純な話なんですが、そういう本が好きな方にはお勧めです。
スポンサーサイト

| book | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。