PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪市立愛珠幼稚園

【ricoの名所適当探訪】
広く浅くがもっとうの探訪です。
いつもの散歩コースにある建物です。

ビジネス街の淀屋橋の南、
レトロな建物が多く残る北浜、高麗橋に近い一角にある
緒方洪庵の適塾と同じブロックに武家屋敷かと思うようなすごい建物があります。

このお屋敷、なんと大阪市立の幼稚園である。

diary20110213_f5



diary20110213_f8



こんなビジネス街の真ん中に幼稚園があるのも不思議ですが、
明治時代からつづく、現役の幼稚園なんて!
しかも、運営者が大阪市!!
文化を大事にしない大阪市がよく運営しているなあという事がふと頭によぎります。


一見して寺院か武家屋敷のようですが、
明治34年に大阪市の幼稚園として建てられた愛珠(あいしゅ)幼稚園。
北船場の豪商たちの寄付で建てられたもので、今も現役なのが凄い。
保母の伏見柳の原案を基に、大阪府技手・中村竹松と文部省営繕技手の久留正道が設計を担当。
この時代に女性が建築を担当したということも驚きです。

敷地のまわりは高塀で囲まれ、南正面に本柱(角材)の間に2枚の扉を入れた門があり、
その向こうに入母屋大屋根の管理棟。
その北側にはさらに大きな、2階建てにも見える大入母屋屋根の遊戯室があります。
遊戯室の南・北・西の三面を1925(大正14)年に増設された庇のある廊下が取り巻いています。
国の重要文化財の木造平屋建て。


diary20110213_f4


diary20110213_f1


diary20110213_f3


diary20110213_f2


diary20110213_f6

| 歴史・名所探訪 | 21:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お帰りなさい。かなっ?
お忙しかったようですね。
あ、こっちのヌートリアの撮影に成功しました。
2/3日にアップしましたので、お時間ありましたら見てみてください。
同じですよっ。
この幼稚園、前回のボンド屋さんのお屋敷を思わせますね。
こんな環境で過せる子供たちは幸せだなっ。
私もはるか昔通った幼稚園は仏教でしたが、入り口は渋かったけれど建物はモダンでした。(笑)

| BOB&よよ | 2011/02/27 05:40 | URL |

こんばんは、bobくん&yoyoさん

ただいまです。(笑)
またまた、1ヶ月ほど空いてしまいました。
まだ、確定申告が残っていて、ひーひーしています。
仕事が落ち着いたら書こうと思っていたのですが・・・。



よよさんのブログ、毎日楽しく読ましてもらっています。
ただ、コメントするまで頭が回らなく、新聞の記事のように読んでいました。

ヌートリアの撮影、うまいこと撮れましたね。
なんか強そうでびびりました。(笑)
これからも、おもしろいブログの記事、楽しみにしてます

| rico | 2011/03/12 04:30 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hunsabasara.blog14.fc2.com/tb.php/117-b60f713b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。