PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

redesign【WegnerとEames】

名作椅子の流れ。
マニアックじゃないけどマニアック。
こういうの結構好きなんです。
だから、載せてみました。

【イームズとウェグナー】
軍用の添え木(簡易ギブス)、担架などの開発で培った合板の技術をもとに、
1945-1946年にかけてLCW/LCM/DCW/DCMを発表。

イームズがベニヤを曲げて椅子を作り、
ウェグナーがその新しい技法にチャレンジし、
さらにイームズが革張りのクッションでくるむ。
また、ウェグナーが挑戦する。

合板の添え木
 20100623_b2 20100623_b3


→ LCW(Eames.1946):戦後まもなく発表された。すべて成型合板で出来ている。
 20100623_b4

→ Shell Chair(Wegner.1949):2脚だけ作られたプロトタイプ。
20100623_b6

→ Lounge Chair(Eames.1956):wegnerの上記の作品のアイデアを取り入れた。
20100623_b1

→ Three Legged Shell Chair(Wegner.1963)
  :こちらもプロトタイプで終わったが、最近100 脚のみ製作された。
20100623_b5


この流れは、すごくないですか?興味深いものがあります。

名作椅子と言うのは、偶然に、突然に生まれたものではないと思います。
いずれも、伝統的な形や機能を徹底的に調査し、研究し、
その成果を基に問題点を発見し、
それを改良する事で初めて名作椅子は生まれるのだと思う。
さらに、改良を重ねていくデザインとその過程を「redesign」と呼ばれています。

名作の前後には、多くのデザインが存在すると言う事である。
たとえば、アイデアスケッチに残された「素のデザイン」がある。
商品化されなかった試作。
商品寿命が短かったものなどがあるんです。
そのルーツを辿る事により、
その人の考え、大事にしている事などの本質的なことが見えると思う。

‥‥かなりマニアックですね。


面白い事に、成型合板で最も成功したのは、本家のイームズではなく、
ANT CHAIR(アリンコチェア)をデザインしたヤコブセンです。
たぶん、製造メーカーとデザイナーとの繋がりやマーケティングな事が絡むのでしょうね。

また、たまにredesignシリーズを紹介します。
名作椅子のルーツや流れを見てみると、面白いですよ。



| 家具・デザイン | 17:54 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして*

redesignのお話、とても興味深くて面白かったです。
私はあまり椅子に詳しくないのですが、イームズもウェグナーもどちらの作品も好きです。実際の座り心地は、本物に触れたことがないのでわかりませんが、見て美しいと思える作品には
やはりそれなりの理由?があるんですね。
次回の紹介楽しみにしてます!

| ORIERIO | 2010/06/23 21:26 | URL |

Re: はじめまして*

はじめまして、こんばんは ORIERIOさん。
イームズもウェグナーもどちらの作品もすごいですね。
本当にお二方とも、椅子(家具もですけど)について、すごく研究されていたようです。
でも、見て美しいのと実際座りやすいのはイコールじゃないのです。△ですかね。
だから、かなり葛藤とかがあったみたいですよ。

でも、美しいと思えるのには、やはり理由があります。
本当に奥が深いです。

僕も家具に関わるものとして、難しさを感じますね。
かなり、下っ端ですけど‥‥。

いつでも、覗きに来て下さいね。
僕も、覗きいかしていただきます

| A.Kawakami | 2010/06/23 23:52 | URL |

う~んマニアック!
軍用添え木なんか特に。
でも好きですこういうの!
椅子はいずれもすわり心地がとてもよさそうだ。
人間工学重視の作品でしょうかね?
なんて、実は私は学生時代にプロダクトデザインを専攻していて、椅子も造ったりしました。
実用性、デザイン性両方取ると中途半端になることに昔悩んだ記憶がよみがえりました。出来る人は出来るんですな・・・。

| BOB | 2010/06/24 03:17 | URL |

Re: タイトルなし

BOBさん、こんばんは。
マニアックでおもしろいでしょ(笑)。
これらの椅子は、人間工学と感覚と半々ってとこでしょうね。
成型合板という新しい素材・技術を使って、色々と試行錯誤した時代ですからね。

BOBさんって、プロダクトデザインの勉強してたんですね。
そしたら、いろいろと詳しそうですね。
ブログの内容も考えて書いていかないと!

| A.Kawakami | 2010/06/26 22:35 | URL |

プロダクトデザイン・・・
はるか昔の話で、もう素人同然ですから。
今は蚤の市で買ったデッキチェアーの布張り替えるぐらいですから(笑)
Kawakamiさんの視点楽しみにしてるんでっ!

| BOB | 2010/06/27 01:31 | URL |

Re: タイトルなし

返信ありがとうございます。
また、遅くなりすみません。

解かりました。
楽しみにしててください。
色々とアップしてみます。

| A.Kawakami | 2010/07/01 15:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hunsabasara.blog14.fc2.com/tb.php/44-a306de7e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。