PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

七月の暦、行事

自分が忘れっぽいので、
その月の暦や行事などを書き留めて行こうかと思っています。

結構、知らない事があったり、
知っていても忘れていたりと、思い出すように書こうと。
なんか堅苦しいのが、嫌なんだけど、
こういう風に書いていかないと、忘れてまいそうなので、御了承を。

でも、旬の食材やその月の花なんかを書くのは嬉しくなりますね。
書いていると、八百屋さんで何を買おうかなあと思ってしまった(笑)。
地産地消も言われているけど、旬のモノを美味しく食べる事も大事やと思います。
旬の野菜はほんまに美味しい。
もちろん、地のモノ、旬なモノそれが理想ですけどね。
そのへんも、バランスよく。

20100702_3

20100702_5





【文月】

 短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕 の行事に因んだ
「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。
 また、穂が見えるようになる頃であることから
「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。


【7月の花】
 梔子(クチナシ)  向日葵(ひまわり)  桔梗(キキョウ)
 トルコギキョウ  睡蓮(すいれん)  銭葵(ぜにあおい)
 朝顔(あさがお)  白詰草(しろつめくさ)、ベゴニア


【7月の旬の食材】

 アスパラガス  冬瓜  かぼちゃ  きゅうり  とうもろこし  茄子(なす)
 トマト  マッシュルーム  ピーマン  さやえんどう  オクラ
 鮎(あゆ)  鰻(うなぎ)  鯵(あじ)  鰹(かつお)  穴子  いさき
 鱧(はも)  鱒(ます)



【七月の暦】


7/2 半夏生(はんげしょう)
    夏至から数えて11日目(2010年は7月2日)。
    梅雨の末期で、半夏という毒草が生える多湿で不順な頃とされています。
    農家の人達はこの日までに田植えを済ませ、
    どんな気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣がありました。 

7/7  七夕
   小暑
    七夕が行われる7月7日頃(2010年は7月7日)。
    この頃から暑さが本格的になっていきます。
    暑中見舞いを出し始める時季でもあります(正式には大暑から)。

7/23 大暑
    7月23日頃(2010年は7月23日)。
    梅雨明けの時季で、夏の土用もこの頃です。
    最も暑い頃という意味ですが、
    実際の暑さのピークはもう少し後でしょうね。

7/26 土用の丑
    7月の土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテをしないといわれています。
    実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、
    発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったんです。
    知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、
    店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのです。
    これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習となりました。
    丑の日に「う」の付く物を食べると病気にならないという言い伝えも
    あったようですので、まさにピッタリの売り文句だと思います。


20100702_4

| | 00:07 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

う、うな丼食べたい・・・・
うちの相方(異人)はうな重に付いてくる肝吸いをきのこだと思って食しておりました。

堅苦しくても結構!知ることは楽しいし、忘れてることばかりなので助かります。
書き留めること=調べることで再確認したり、私の場合は、少ない知識を少しでも増やしてます。まあ、てんとう虫程度ですが・・・。
日本ではアスパラガスの旬は7月ですか。
ここでは4月中旬頃から5月初旬頃に一番出回ってましたよ。

| BOB | 2010/07/02 20:40 | URL |

こんばんは*

暦や行事。こうして改めて読むと、昔の人々大切にしてきたものが少しみえるような気がしますね^^私も子どもたちと行事を楽しんで伝えていこうと思います。

身体の中には、バランスをとりたいという自然の作用があるそうです。夏野菜は体にたまった熱を発散させてくれると聞きますが、キュウリをガリガリしたくなるのはそのせいでしょうか^^
今は年中通していろんな食材を楽しめますが、季節に合った食事をするのは大事ですね!

| ORIERIO | 2010/07/02 23:25 | URL |

Re: タイトルなし

BOBさん こんばんは

やっぱ、外国の方は面白いですね。
うな丼って、美味しいですね。
土用の丑の日は食べたくなりますね。
フランスでは鰻は食べないのですか?


こんな事でよければ、いくらでも参考にしてください。
僕も忘れっぽいので、こういう所に書けるのって助かるんです。

アスパラガスは一応、通年収穫できるみたいです。
日本で特に旬と言われているのが、春から初夏(おおよそ4月~7月)に掛けてと言われています。
それで、7月にも入れさせてもらいました。

| A.Kawakami | 2010/07/02 23:36 | URL |

Re: こんばんは*

こんばんは ORIERIOさん

暦や行事。こうしてまとめてみると、大事にしなければならないものが見えてきますね。
それをふまえて、今の暮らしと合わせながら、楽しめたらなと思っています。

旬の食べ物は、その季節に合ったものなので、体が自然と求めるような気がします。
うちの犬なんか、おやつに胡瓜を丸かぶりしてします。
人間にとって食べ物が一番大切だと思うので、
体が求める季節に合った美味しいものを食べたいですね。

| A.Kawakami | 2010/07/02 23:43 | URL |

フランスでもうなぎは食べられてますが、それほどポピュラーではないので、スーパーとかでは見かけたことがありません。
以前レストランで食べましたが、茹でたような・・?蒲焼のように美味しいとは思いませんでした。
まあ、シェフにもよるのかもしれませんが。

| BOB | 2010/07/03 20:30 | URL |

Re: タイトルなし

こんばんは、BOBさん
ポピュラーではないのですね。
残念です。
日本から送ってもらうか、
日本に帰ってきた時に、堪能してください。
それまでは‥‥。(笑)

| A.Kawakami | 2010/07/03 21:12 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hunsabasara.blog14.fc2.com/tb.php/46-c2dbdae4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。